Business Outline 事業内容

> トップ  > 事業内容 - 私募ファンド

不動産ファンド事業

不動産投資の入り口から出口までトータルにサポート

当社では、ファンドビジネスに関する以下の3つのステージにおいて、投資家の皆様の視点に立った高度な専門サービスを提供し、投資家の皆様の収益の最大化に努めております。
更に、東京建物グループ各社との連携に加え、外部の専門家やパートナーとの協力によりお客様の投資ニーズやファンドコンセプトに応じた最適な運用体制の構築を図っております。

STAGE1 ファンド組成

お客様の投資ニーズに応じてファンドコンセプトや投資スキームの立案を行うと共に、豊富な業務経験および深い専門知識に基づき、資金調達を含めた総合的な戦略提案を行っております。

ファンドコンセプト/投資戦略の立案

それぞれの投資家の皆様のニーズに合致したファンドコンセプトを立案し、ファンドの組成から出口戦略の立案まで一貫した投資戦略を提案いたします。

ソーシング

当社グループや金融機関、不動産会社など、多様な情報ソースからの幅広い不動産の情報発掘を行い、ファンドコンセプトに則った物件取得を行います。

マーケティング/物件評価

取得する不動産の適正価格と将来のキャッシュフローを分析するために、これまでの業務で培ってきた実務経験やネットワークを活かし、厳密な市場分析を行うことにより、より現実的で綿密な不動産評価を行います。

ファイナンシャル・アレンジメント

最適な融資条件を得られるよう国内外の金融機関との折衝を行うとともに、ファンドの運用期間や目標収益率に応じた詳細な条件交渉を行います。

STAGE2 ファンド価値向上

バリューアップのためのあらゆるソリューションを検討し、リーシング戦略の見直し、コスト削減プラン、リニューアル、コンバージョン、建て替え戦略の検討を実施し、不動産の価値向上に努めます。

最適なオペレーション体制の構築

東京建物グループ各社の専門性を活かすとともに、外部の専門家やプロパティマネジメント会社などと連携して資産の特性に応じた最適なオペレーション体制を構築します。

リノベーションプランの作成・実施

資産価値向上のための大規模改修、増床、リファイナンスのアドバイザリーからアクションプランの提案や実行までを一貫して提供いたします。

レポーティング業務

運用中のファンドに関する適切な運用状況の報告(レポーティング)を行い、透明性の高い運用を行います。更に、レポーティングを通じてマーケットやパフォーマンス分析を行い、ファンド価値向上に向けた具体的な施策を提案いたします。

ポートフォリオ戦略の提案

期中の運用収益の成長を達成するために、リターンとリスクを考慮し、ポートフォリオ全体の組み替えなどの効率の高い資産運用を提案いたします。

STAGE3 投資回収

投資収益の最大化を目指し、不動産マーケット動向、経済環境動向を見極め、適切な将来予測のもとにあらゆる可能性を検討し、最適な売却のタイミングを提案いたします。

出口戦略

東京建物グループや取引先金融機関、不動産企業とのネットワークを駆使し、多様なソースから最適な売却方法、売却先を提案いたします。

リファイナンス
お客様のご要望があった場合、もしくは適切な市場分析と将来予測を行った結果、売却に適したタイミングではないと判断した場合は、リファイナンスなどによるファンド運用期間の延長を提案する場合もあります。

投資ストラクチャー例

※上記ストラクチャーは参考図であり、正式に決定したものではありません。